個性を曲げる必要無し!【パーソナリティ障害と上手に付き合う】

先生

社会で適応しにくい人たち

先生

パーソナリティ障害の人は、いろいろな特徴から日本でも決して珍しくはない症状です。人間関係の衝突や情緒の不安定さから、社会生活に馴染めないところが目立ちます。少しでも状態を良くしていくには、専門病院で治療をしていくことで、症状の落ち着きや生活に表れてくるでしょう。

詳細を確認する

特徴とこれから

先生

パーソナリティ障害はある一部分の感情のコントロールがうまくできなくなり、自分んも相手も苦しめてしまう精神的疾患の一種です。子供のころに親からの虐待を受けたり、母親からの愛情を十分受けられないとなりやすいといわれています。

詳細を確認する

生活に支障をきたす個性

病院

人は誰しもが違った考え、性格等を持っています。それが個性です。その個性が極端で、周りに迷惑をかけてしまうようなものであれば、パーソナリティ障害かもしれません。パーソナリティ障害を患っている人は、自身の症状に気がついていない人がほとんどです。その為、自分から治療にくることはほとんどありません。たいていの患者は、家族やパートナーなどの周りの人が症状に気が付き、受診を促されて病院へ足を運びます。このようなパーソナリティ障害は、主にA群、B群、C群に分けられます。A群の特徴は独特の思考法や生活様式のため、対人関係がうまくいかなくなってしまうことです。B群はストレスに弱く、情緒が激しいために周りの人を振り回してしまう傾向があります。C群は周りの目や自分に対する評価が強いストレスとなり、不安や恐怖心が強いことが特徴です。大きくこのような特徴がありますが、さらにA群は妄想性、統合失調質、統合失調型に、B群は演技性、自己愛性、反社会性、境界性に、C群は回避性、依存性、強迫性にわけられます。

治療は気分の落ち込み、強い不安感、怒りなど苦痛を伴う症状に対して軽減するために薬物療法を行ないます。選択的セロトニン再取り込み阻害剤は抑うつと衝動性の双方に有効で、抗けいれん薬は衝動的な怒りの爆発に効果がみられます。しかし薬によって人格はかわりません。あくまで対症療法となります。治療の基本は心理療法で不適応な行動や対人関係のパターンに変化が見られるまで、一般的に1年以上は続ける必要があるとされています。心理療法で最も大切なことは「自分が治りたい」という気持ちです。パーソナリティ障害の治療過程において、過去の辛い出来事や、見てみぬふりをしてきた事にもきちんと向き合わなければなりません。治療も長期にわたりますが、医療スタッフを信頼し、気長に治療に取り組むため、それなりの覚悟を必要とします。日本の精神科入院患者の5〜10%を占めるといわれる境界性パーソナリティ障害は衝動性や情緒不安定性が高く、精神的苦痛から逃れようと、自傷行為で受診することが多いことが知られています。この障害はアルコール、薬物依存症など様々な障害と併存しやすく、厚生労働省研究班の治療ガイドラインが策定され、積極的な取り組みが始まりました。現在は、インターネット上でも、簡単なパーソナリティ障害診断を受けることが可能であり、この症状の情報をすぐに入手することが可能です。インターネット上でセルフ診断をして引っかかるようだった場合は、すぐに受診しましょう。

女性に多い精神疾患とは

悩み

境界性パーソナリティ障害は、遺伝や育った環境によって発症する場合が多い精神疾患です。治療法には、薬の投与と専門医によるカウンセリングが行われます。家族などの周囲の支えが非常に大切であり、何より患者本人の治したいという強い意志が治療を効果的にします。

詳細を確認する

生活に影響を及ぼす精神病

悩み

パーソナリティ障害に気付かずに社会から孤立しその闇から抜け出せない人が沢山存在しています。しかし精神科医を頼り自分自身の努力次第でこの病を克服する事は可能になりますのでまずは病院を受診する事から始める事が必要です。

詳細を確認する